悩むピアノ講師のぶろぐ


ピアノ講師の苦悩の日々を告白
by sbh6h5kfre
プロフィールを見る
画像一覧

クリスエヴァート

クリスエヴァート、クリスエバート(Chris Evert、1971年 - 2001年)はアメリカ合衆国の競走馬、繁殖牝馬。1974年のニューヨーク牝馬三冠馬、エクリプス賞最優秀3歳牝馬。1988年にアメリカ競馬名誉の殿堂博物館に殿堂馬として選出された。経歴カール・ローゼンはキーンランドイヤリングセールで栗毛の牝馬を32000ドルで購入し、ローゼンの所有するスポーツ用品店のバックアップを受けていた若手のテニスプレイヤー・クリス・エバートにちなんでクリスエヴァートと名付けられた。戦績1973年はメイドン、アローワンスと勝利しG1競走のフリゼットステークスに駒を進めたが2着に敗れた。その後はG3競走のゴールデンロッドステークス、デモワゼルステークスと連勝し2歳シーズンを終えた。3歳になり、緒戦は3着に敗れたものの分割競走として施行されたエイコーンステークスで前走で敗れたクリアコピーに雪辱を果たし、マザーグースステークスでも勝利。三冠目であるコーチングクラブアメリカンオークスでも勝利し史上3頭目のニューヨーク牝馬三冠馬となった。ハリウッドオークスに勝利したミスマスケットの馬主アーロン・ジョーンズはローゼンに互いに100,000ドルずつ出し合い、勝者が全ての賞金を得るというルールでマッチレースを持ちかけた。これにハリウッドパーク競馬場がさらに150,000ドルを出して"ハリウッドスペシャルステークス"の名でマッチレースが行われることになった。賞金350,000ドルは当時行われていたどの競走の賞金よりも高かった。そして東海岸で活躍したクリスエヴァートと、西海岸で活躍したミスマスケットとのマッチレースが実現したが、レースは一方的な展開となり、クリスエヴァートがミスマスケットに50馬身もの差をつけて優勝した。ニューヨークに戻りアラバマステークスに出走したがクビ差の2着に敗れ、牡馬相手となるトラヴァーズステークスでは2番人気に推されたが3着に敗れた。その後年末のカニヴァーステークスで復帰し勝利、4歳になると再び西海岸に行きラカナダステークスで勝利した。その後のサンタマルガリータハンデキャップでは1番人気に推されたが8着に大敗し引退した。競走成績引退後引退後はカール・ローゼンの馬産における基礎牝馬となるため、できて間もないスリーチムニーズファームで繁殖牝馬となった。母の名から、テニスに

鳥取連続不審死 上田容疑者のウソで固めた人生(産経新聞)
引っ越しセンターで強盗 ナイフ見せ「マネー、マネー」 大阪(産経新聞)
<掘り出しニュース>異種類のサル2頭が仲良く同居(毎日新聞)
自民県議が出馬表明=参院福井、保守分裂へ(時事通信)
石川議員の離党を了承=民主(時事通信)
[PR]
by sbh6h5kfre | 2010-03-02 10:10

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧